FANUC2013J

FANUC2013J page 7/30

電子ブックを開く

このページは FANUC2013J の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
事業報告FA部門CNCシステムの主要顧客である工作機械業界は、国内・海外ともに需要が低調でした。当社の売上は、昨年の夏場以降に中国を中心としたアジア向けにおいて大きく減少し、その後下期に入りわずかに回復の....

事業報告FA部門CNCシステムの主要顧客である工作機械業界は、国内・海外ともに需要が低調でした。当社の売上は、昨年の夏場以降に中国を中心としたアジア向けにおいて大きく減少し、その後下期に入りわずかに回復の兆しがあるものの、非常に厳しい状況が続いております。CNCにつきましては、「FANUC Series30i/31i/32i/35i?MODEL B」で、同時5軸加工機能のレベルアップを行い、より高速・高精度で滑らかな加工を実現しました。「FANUCSeries 0i/0i Mate?MODEL D」では、柔軟な軸構成を可能として、適用できる機械の範囲を拡げました。「FANUC Power Motion i?MODEL A」では、多軸かつ高速高応答の協調制御の強化により、包装機分野などへの適用が期待できます。Series31i-MODEL Bサーボにつきましては、フェライト磁石を用いたサーボモータβiFシリーズの開発、スピンドルモータαiⅠシリーズの出力強化、同期ビルトインサーボモータDiSシリーズの高速モデル追加など、様々な新商品、新機能を開発しました。αiⅠスピンドルモータレーザにつきましては、国内・海外ともに、売上が低調に推移しました。開発面におきましては、高性能、高機能、高信頼性の炭酸ガスレーザ発振器の省電力機能をレベルアップするなど、制御機能を充実させました。FANUC LASER C4000i-MODEL CANNUAL REPORT 2013●5