FANUC2013J

FANUC2013J page 9/30

電子ブックを開く

このページは FANUC2013J の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
ロボマシン部門ロボドリルにつきましては、海外市場、特に中国における需要が急激に落ち込みました。しかしながら、新たに開発したロボドリル高出力仕様の市場投入により、自動車部品加工分野への拡販が進みつつあり....

ロボマシン部門ロボドリルにつきましては、海外市場、特に中国における需要が急激に落ち込みました。しかしながら、新たに開発したロボドリル高出力仕様の市場投入により、自動車部品加工分野への拡販が進みつつあり、総じて需要は回復傾向にあります。今後も高出力化、高精度化、低価格化を推進し、販路の拡大を図ります。ロボショット(全電動射出成形機)につきましては、欧米向け需要が安定して回復しております。開発面においては、高機能携帯電話などのIT機器に最適な高精度型締仕様や高速射出仕様を活用し、高品質な成形を実現しました。ロボカット(ワイヤカット放電加工機)につきましては、米国では医療機器分野、欧州及び日本ではダイヤモンド工具加工分野を中心に販路を拡大しました。開発面においては、ワイヤの自動結線機能や高精度加工制御を更に進化させました。FANUC ROBODRILLD21MiA5ロボナノ(超精密ナノマシン)につきましては、お客様からの賃加工の依頼が着実に増加しました。これを起点として、特に海外にて積極的に市場開拓を行い、拡販に向けた基礎固めを行いました。FANUC ROBOSHOTS100iAFANUC ROBONANO0iBFANUC ROBOCUTC600iAANNUAL REPORT 2013●7