Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式会社 (FANUC CORPORATION)

取り組み

商品における取り組み(省エネルギー化)

ファナックは、商品を通じた省エネルギー化を推進しています。推進のための取り組みは大きく2つあり、1つは「商品そのものの省エネルギー化による、お客様の工場で稼働する際に必要となるエネルギー節約」です。もう1つは「商品の生産に必要なエネルギーの節約」です。ファナック商品のライフサイクルを考えれば、前者の方が圧倒的にエネルギー節約の効果が高くなるため、長期にわたり商品の省エネルギー化に取り組んできました。

大容量サーボモータの開発 デジタル制御を駆使した高精度・高効率の大容量サーボモータを、他社に先駆けて開発しています。
大きなパワーを必要とするプレス加工機などの産業機械分野では、この大容量サーボモータを油圧に代わる駆動源とすることで省エネルギー化を達成しています。
電源回生方式の採用 サーボアンプでは、モータ減速時のエネルギーを電源に戻す電源回生方式を採用し、電源の有効活用による省エネルギー化を実現します。ロボドリルに搭載した場合、抵抗回生方式と比較し、約34%の電力を削減します。
さらに新しいパワー素子の採用により、サーボドライブのエネルギー損失を1995年比で約40%低減しています(ロボドリル搭載時)。
消費電力モニタ機能 消費電力モニタ機能を開発することでCNCが消費している電力量のモニタが可能となり、機械の稼働時間の調整を効率的に行うことができます。
省エネルギーレベル選択機能を用いることで、加工時間優先の運転と消費電力優先の運転を選択できるようになります。
納期までに十分な時間があるときや、生産ラインにおいて各部品の生産時間に差があるときなど、状況に応じた効果的な消費電力量の削減が可能となり、工場全体での省電力化にも貢献します。
ファストサイクルタイムテクノロジー 加工時間を短縮するための機能群です。機械の稼働時間を減少させることで、直接消費エネルギーの削減と、間接消費エネルギー(機械稼働中のクーラントポンプを回すなどの補機の消費エネルギー等)の削減に寄与しています。
レーザの電気-光交換効率の向上 電気-光交換効率を高め、最新のファイバレーザ技術ではエネルギー効率が40%となりました。従来のCO²レーザの10%から4倍、従来のファイバレーザの30%から1.3倍の効率となっています。
電力需要の負荷平準化 ロボットによる夜間稼働により、ピーク電力が分散され、消費電力を抑制できます。
軽量化によるCO²排出量削減 レーザ発振器の単位当たり重量を50%削減し、軽量化により輸送時に発生するCO²排出量を削減しました。CO²レーザ1,300kgの性能をファイバレーザ600kgで置き換えることができます(6kW機で比較)。
またロボットの機構部の軽量化設計により、消費電力を低減しています。可搬質量が165kgのロボットの場合、1997年の Robot S-430iW は1,300kgでしたが、2013年の Robot R-2000iC/165F では1,190kgまで軽量化を実現しています。
代替フロンの不使用 レーザ庫内の冷却用クーラをペルチェ式除湿機に置き換え、オゾン層保護につながるフロンレスを達成しました。お客様がファナックのレーザ商品を使用時にもフロンは排出されません。このため、廃棄時の冷媒フロン類の引き渡しも不要になります。
最適動作プログラム ROBOGUIDEを使用して動作プログラムを最適化することにより、消費電力が抑制され、減速機寿命の延命にもなることからランニングコストを低減できます。
効率的なロボット活用 協働ロボットを搭載した無人搬送車 (AGV) を自律移動させることで、1台のロボットが複数箇所で作業可能となり、ロボットの稼働率が向上します。その結果、複数のロボットを設置するよりも待機電力が削減されます。
自動ワイヤ結線装置 ロボカットにおいて、世界初のワイヤ熱切断方式を採用した自動ワイヤ結線装置により、加工工程が従来比200%に高速化され、加工時間が短縮されました。また、世界初となる自動で加工ワーク板厚を検出し加工パワーを制御する板厚追従制御により20%から50%の消費電力削減を達成しました。
新モデルでの性能向上 ROBOCUT α-C3A series は、一世代前モデル (α-3E series) と比較した場合、省エネ性能向上指標(工作物1個当たりの消費電力量)が4.8kWhから4.4kWhに向上しました。
周辺機器の電動化 ロボショットの付加軸追加オプションにより、油圧制御の周辺機器を電動化します。

省エネルギーに関する受賞・トピック

生産設備におけるエネルギー使用合理化等事業者支援事業費補助金の補助対象設備に認定 (2020)

ロボドリルα-DiBシリーズ
ロボドリルα-DiBADVシリーズ
ロボショットα-SiAシリーズ

一般社団法人日本機械工業連合会 優秀省エネルギー機器表彰制度 通商産業大臣賞 (1995)

ROBOSHOTシリーズ

一般社団法人日本機械工業連合会 優秀省エネルギー機器表彰制度 通商産業大臣賞 (1998)

高速自動結線および板厚追従制御付きワイヤカット放電加工機ROBOCUT αシリーズ

第1回地球環境大賞 通商産業大臣賞 (1999)

一般社団法人日本機械工業連合会 優秀省エネルギー機器表彰制度 資源エネルギー庁長官賞 (2003)

電源回生機能と精密デジタル制御の大容量サーボシステム大型ACサーボモータα3シリーズ

地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金の対象認定 (2014)

ROBOCUT α-C3A series

生産における取り組み

商品の生産に必要なエネルギーの節約に貢献します。

組立工程の効率化 隼人工場(鹿児島県)では、フレキケーブルの組立工程において、超音波洗浄装置による洗浄を行っていましたが、洗浄の必要性を再検討することで工程を削除し、年間電力量を158,976kWh削減しました。
コジェネレーション設備の導入 新しい壬生工場(栃木県)、筑波工場(茨城県)では、コジェネレーションシステムを導入し、廃熱を積極的に利用し、電力購入量の削減およびガス炊き冷温水発生機の燃料削減を行い、CO²排出量削減を実現しています。
壬生工場(栃木県)における推定年間CO²削減量は1,864tCO2eです。筑波工場(茨城県)では、運用期間が1年未満のため、実績値は記載しておりません。
都市ガス転換による環境配慮 本社地区のボイラの燃料を灯油から都市ガスに切り替えることで、CO²の25%削減とBCPの促進を継続して図っています。同時に転換のタイミングで灯油タンクを廃止して土壌汚染リスクの低減を進めています。

物流における取り組み

商品の輸送に必要なエネルギーの節約に貢献します。

トラック帰り便の活用 日本国内の工作機械メーカにCNCシステムを納品したトラックは、帰りが空荷になります。このトラックを、サプライヤに紹介し部品納入に活用してもらうことを推進しており、これによってトラックの運行を効率化(台数を削減)し、CO²削減に取り組んでいます。
自社工場でのコンテナ詰め 輸出用CNCシステムは、従来、ファナックから港湾倉庫へトラック輸送した後、港湾でコンテナ詰めしていましたが、これをファナックの工場に海上コンテナの荷役ができる設備を設けてファナック工場でコンテナ詰めを行い、コンテナを港湾に直送することで、コンテナ積載率の向上とトラックから積載量の大きいトレーラへの代替によるトラック台数の削減を実現しています。
構内物流の効率化 本社地区では、多くの工場建屋間の構内物流が多く、村道も多くのトラックが往来し混雑していました。構内道路を整備することで、村道の使用を抑え、動線を 確保し、物流を円滑化しました。壬生工場では全工場間をコンベアで連結し、トラックによる構内運搬をゼロにしています。筑波工場は建物の規模を大型化してロボットの全ての生産工程を同一建屋内でコンベアでつなげることにより、構内運搬にトラックを使用することをなくしています。

非生産事業所における取り組み

太陽光発電設備の導入 本社地区の一部建屋において太陽光発電設備を導入しました。2018年度は太陽光発電により38.81MWhを発電しました。
照明のLED化 工場および事業所で使用されている水銀灯と汎用蛍光灯のLED化を図り、天井照明、誘導灯、非常照明等をLED照明に切り替えました。LED化に加え、廊下やトイレなど、人が常にいる場所ではないエリアには人感センサを設置し、不要な点灯を防止するようにしました。
コジェネレーションシステム 本社地区でもコジェネレーションシステムを導入し、廃熱を社宅・寮の厚生施設やファナックアカデミの給湯・暖房に使用しています。
建屋のリニューアル 大阪支店において、骨組みを残した建屋の全面リニューアルを実施し、省エネエアコン、照明のLED化、人感センサ等の導入により、空調電力60%削減、総電力40%削減を達成しました。
デマンドレスポンス 電力供給会社からの要請に応じ、電力の受給需給ひっ迫が予想される時に電力消費を抑制するネガワット取引を行っています。
ITインフラ 休み時間のパソコンモニタの電源をオフにすることで、推定年間電力削減量は28,800kWhとなる見込みです。
建屋の断熱効果向上 冷暖房に要するエネルギー使用量を節減するため、外断熱・内断熱や外壁の2重(ダブルスキン)化の施工、結露対策、複層ガラスの採用など断熱効果を高める様々な工夫を取り入れています。ダブルスキン外壁は、日野支社パーツセンタ棟、名古屋サービスセンタに採用されています。
2017年以降の新築社宅では、外断熱・複層ガラスを積極的に採用しCASBEEでB+~A(自己評価)を目指した施設整備に努めています。